食べたい

福岡最古の喫茶店「ブラジレイロ」で美しいミンチカツレツと珈琲を!

ブラジレイロアイキャッチ画像

今回は大通りから一本入った通り、博多区店屋町に佇む外観からレトロな雰囲気の喫茶店「ブラジレイロ」をご紹介。

ブラジレイロ店舗外観

福岡最古の歴史あるレトロな喫茶店で過ごす時間

実はここ、福岡最古の喫茶店なんです!

創業は1934年(昭和9年)、当時ブラジル・サンパウロのコーヒー局が、ブラジルの珈琲を広めるために日本全国にお店を開店。

その後博多のお店だけが残り、もともとあった東中洲から店屋町に移動し現在に至ります。

ブラジレイロの店内カウンター
昔ながらの喫茶店という雰囲気が心地良い店内。

ブラジレイロ店内の螺旋階段
今ではほとんど見かけない螺旋階段を上ると、珈琲の香りが漂う2階席があります。
ブラジレイロ店内

ブラジレイロの店内アート
ランチは11:00からですが、まだお客さんが少ないオープンの10:00からは、トーストなどの朝食メニューもあり、窓際の席でのんびりの珈琲を飲みながら過ごすのもオススメです。

予約必須!1日限定15食の美し過ぎるミンチカツレツ

ランチメニューのなかでも人気なのが、ブラジレイロ名物のミンチカツレツ。
サラダ、ライス、デミサイズのコーヒー付きです。

1日限定15食なので予約は必須!

じゃじゃーん!これが、その姿!!
ブラジレイロのミンチカツ
ミンチカツレツ(930円)

ラグビーボールのような、初めて見るカタチのカツレツです!なんとも美しい!!
思わず見とれてしまう曲線美。

ナイフを入れ食べるのがもったいないですが、いただいてみましょう。

ブラジレイロのミンチカツ断面

中身もぎっしり!食べ応えがありそうです。

外はサクッ、中はふわっと優しいミンチ。
玉ねぎのシャキシャキとお肉のジューシーさがたまりません!

なめらかなソースやサイドのお野菜たちとの相性も抜群。添えてある和がらしはお好みで。

見た目のボリュームを感じさせない軽さもあり、どんどん食べ進んでしまいます。

トンガリの部分がサクッとクセになりそう!
サラダもみずみずしくて美味しい。

香り豊かな味わい深い♩自家焙煎のマイルドブレンド

食後の珈琲は自家焙煎のマイルドブレンド。
ほどよい酸味とまろやかさ。
ブラジレイロコーヒー
2階の席からは12時を過ぎると、近くのオフィス街からたくさんの人がランチに出掛ける姿が見えます。
ブラジレイロマイルドブレンド

福岡店屋町の喫茶店「ブラジレイロ」の店舗情報

店舗情報
住所

福岡市博多区店屋町1-20
電話番号 092-271-0021
アクセス 地下鉄呉服町より徒歩3分
呉服町駅から156m
営業時間 10:00~20:00(土曜は19:00まで)
※L.Oは閉店30分前まで
定休日:日曜・祝日
価格帯 〜999円/人

1階でお会計の際は、レジ横に並ぶ珈琲やオリジナルグッズ、手作りマドレーヌなどをチェックしてみてくださいね!

ABOUT ME
しゃちょう
しゃちょう
福岡在住。福岡に引っ越してまだ1年も経たないけれど福岡のご飯が美味しすぎて外食が激増しました。とんこつラーメン大好きで1日で3杯食べることも。美味しいもの大好きです。